cron DB 利用可 高機能 レンタルサーバー 一覧

cron可DB可高機能レンタルサーバー一覧

レンタルサーバー名 月額 年額 初期費用 容量 cron DB サブドメイン
99円エコノミー
国内格安レンタルサーバー
99 1188 2000 100MB 0 無制限

99円エコノミーDB 199 2388 2000 100MB 1 無制限
99円エコノミーDB+ 299 3588 2000 100MB 3 無制限
99円PU200 499 5988 2000 200MB 無制限 無制限
【ハッスルサーバー】

208 2496 1000 1GB 2 32

CORESERVER.JP
417 5004 1000 15GB 無制限 無制限

XREA+ 200 2400 0 3GB 5 20
CORE-MINI 208 2496 0 6GB 10 50
エックスサーバー
1050 12600 1575 5GB 5 無制限

ミライネット
105 1260 1050 1GB 3

ステップサーバー
250 3000 600 1.5GB プロ、アドバンスプラン 10

ステップ(+) 400 4800 600 2.5GB プロ、アドバンスプラン 30
123サーバー 200~ 0
ヘテムル
1500 3950

cronの設定/ハッスルサーバー



cronとは

cronとは定時間にサーバー上のプログラムを実行する仕組みです。ハッスルサーバーでは、1時間のうち、0分,15分,30分,45分のいずれかのタイミングでプログラムを実行することができます。

cronの設定方法


cron設定1

(画像はクリックで拡大します)

上図はハッスルサーバーのコントロールパネルです。

左メニューの【サーバー】→【cronの設定】(赤丸の部分)をクリックします。


cron設定2

(画像はクリックで拡大します)

次に【新しいcronを設定する】(赤丸の部分)をクリックします。

ちなみにcron設定は1つでなく何個も登録できます。


cron設定3

(画像はクリックで拡大します)

上から○分・○時・○日・○月・○曜日・実行するコマンドの設定になります。

指定なしの場合は毎設定分に実行となります。(例)0分に設定、時日月曜日を指定なしにすると1時間おきに0分のときに実行。

以上で設定完了です。簡単です。

実行できるのは、0分,15分,30分,45分のいずれかです。毎分実行などはできません。

実行するコマンドは/home/(ユーザーID)/public/ から始まるものか /usr/local/bin などから始まるコマンド名を指定してください

cronデータベースが使える高機能サーバーが月額208円で使えるとはありがたいです。

WEBやFTPも混雑なくサクサク使えて快適です。

もっと詳しく見るなら↓
【ハッスルサーバー】

crontab

crontab(クロンタブ、あるいはクーロンタブ、クローンタブとも)コマンドはUnix系OSにおいて、コマンドの定時実行のスケジュール管理を行うために用いられるコマンドである。標準入力からコマンド列を読み取り、crontabと呼ばれるファイルにそれを記録する。この記録を元に定時になると、その命令内容を読み取り、実行が行われる。cronという名称はギリシア語のクロノスに由来するという説がある(Command Run ON の略という説も)。

一般にcrontabコマンドで編集されたスケジュール内容は、crondデーモンにより実行される。crondはバックグラウンドで稼動し、毎分ごとに実行すべきスケジュールがないか確認し、もし実行すべきジョブがあれば、それを実行する。このジョブは「cron job」とも呼ばれる。

crontabファイル

crontabファイルには、ジョブのリストおよびcronデーモンへの命令が書かれる。各ユーザは自身の個人用crontabファイルを持つ。さらに、システム全体用のcrontabファイルも存在する(/etc またはそのサブディレクトリ下)。このシステム全体用のcrontabはシステム管理者のみが編集可能なものとなっている。

crontabファイルの各行は、空白またはタブで区切られたフィールド列から構成される特有の形式となっている。各フィールドには単一もしくは複数の値が書かれる。

crontabフィールド

# (行頭の # マークはコメント行を示す)
# +———— 分 (0 – 59)
# | +———- 時 (0 – 23)
# | | +——– 日 (1 – 31)
# | | | +—— 月 (1 – 12)
# | | | | +—- 曜日 (0 – 6) (日曜日=0)
# | | | | |
# * * * * * 実行されるコマンド

crontabコマンド

ジョブのスケジュールを実際にcronデーモンに伝えるにはcrontabコマンドを使う。crontabファイル(例:example.crontab)を作成して、crontabコマンドの引数として指定する(crontab example.crontab)。もしくは、引数無しで起動した上で、標準入力からコマンドを直接指定することもできる。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』