Google Analytics

4月 20, 2010 by admin · コメントは受け付けていません。
Filed under: Google Analytics 

Google Analytics

2005年3月にGoogleが買収したUrchinなどの、通常だと1ヶ月400ドルするウェブ解析ソフトの無料提供を2005年11月より開始した。

メインは効率の良いGoogle AdSenseの広告貼付を行うために解放しているが、Google AdSenseを利用していないウェブ管理者でも問題なく利用できる。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

Google AdSense

4月 19, 2010 by admin · コメントは受け付けていません。
Filed under: Google AdSense 

Google AdSense アドセンス

Google AdSense(グーグルアドセンス)はGoogleの提供している検索連動型およびコンテンツマッチ式の広告配信サービスの総称である。

概要 | Google AdSense

AdSenseは、Googleが広告ネットワークに対して提供する配信サービスの総称であり、その形態は多岐にわたる。

コンテンツ向けAdSenseは所有するWebサイト(ブログでも可)にGoogle AdSenseの広告コードを貼り付けると広告が表示され、その広告がクリックされると報酬が得られる仕組みである。通常のアフィリエイトサービスとは異なり、自分で広告を選ぶのではなく、Google AdSenseのシステムが自動的にサイトの内容を解析し、そのサイトにあった広告を配信するシステムである。例えば、ゴルフ関連のサイトなら、自動的にゴルフの広告が表示されるよう設計されている(サイトの内容によっては、それと関連する適切な広告がなく、まったく分野の異なる広告が表示されることもある)。 日本では2003年12月一般向けに募集を開始したことでブロガーなどに広まり急速にシェアを広げた。

その他、ウェブページ内に検索の機能を提供し、検索キーワードに関連する広告を表示する検索向けAdSense、RSSフィードの記事内に AdSense広告を自動的に表示するフィード向けAdSenseなどがある。

特徴 | Google AdSense

  • 初期費用や月額料金などは一切かからず、サイトを所有していれば誰でも申込が可能であるが(ただし、報酬の受取人は18歳以上である必要がある)、サービスを開始する前にGoogleの審査を通過する必要がある。アダルト関連のサイトや、暴力的なサイトや、極端にコンテンツの少ないサイトなどは審査の段階で断られる事が多い。
  • 不正クリック対策に力を入れているのも特徴である。頻繁に自分のWebサイトの広告をクリックしていると、Google側から警告を受け、最悪の場合は即時(無予告の)アカウント剥奪処置が取られる。また、意図的にクリックを誘導するような記述などが見られた場合、検索エンジンスパム行為が見られた場合、なども同様の警告を受けることがある。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

Google ウェブマスター ツール

4月 18, 2010 by admin · コメントは受け付けていません。
Filed under: Google ウェブマスター ツール 

Google ウェブマスター ツール

2005年7 月より始められたベータ版のサービス(開始時の名称は Google Sitemap)で、自分の管理するウェブサイトの更新リンク構造などの情報をGoogleに送ることで、そのサイトの更新状態を早く検索結果に反映させたり、クロール(クローラーがサイトを調べること)を効率よく行わせることができる。

そのほか、Googleにインデックスされたスパムサイトや、有料リンクの情報提供を行うことができる。また、いわゆるグーグル八分になった際の、再審査請求を行うこともできる。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


米Googleは2010年4月14日、サイト管理者向けのツール「Googleウェブマスターツール」で提供する「上位の検索クエリ」を刷新し、詳細データを閲覧可能になったことを公式ブログで発表した。

「上位の検索クエリ」は、当該サイトが検索上位によく表示されるクエリと、クリックスルーが多いクエリの平均順位を表示するレポート。

同機能がリニューアルされ、新たに検索クエリの、順位ごとのインプレッション(表示回数)とクリックスルー、さらに同クエリでヒットしたページの詳細データが閲覧可能になった。

時系列の表示回数とクリックスルーは画面上部にGoogle Analytics風のチャートで確認できる。

出典: 『ASCII』

ページランク (PageRank)

3月 24, 2010 by admin · コメントは受け付けていません。
Filed under: ページランク (PageRank) 

ページランク (PageRank)

ページランク (PageRank) とは、ウェブページの重要度を決定するためのアルゴリズムであり、検索エンジンのグーグルにおいて、検索語に対する適切な結果を得るために用いられている中心的な技術。

名称の由来は、ウェブページの”ページ”と、グーグルの創設者の一人ラリー・ペイジ (Larry Page) のファミリーネームをかけたものである。

PageRank(TM) はグーグルの商標であり、また PageRank の処理は特許が取得されている(アメリカ合衆国特許第6,285,999号)。ただし、特許はグーグルではなくスタンフォード大学に帰属しており、グーグルはスタンフォード大学から同特許の権利を独占的にライセンスされている。なお、同大学は特許の使用権と交換にグーグルから180万株を譲渡されているが、その株式は2005年に3億3600万ドルで売却された。

Google ツールバー

グーグル社が配布しているGoogle ツールバーを用いれば、このアルゴリズムによる各ページの評価点を0~10の11段階で表示することができる。ただしこの評価点については、幾分古いデータが用いられる(年に3回程度更新)などで、必ずしもその時々の実態を反映したものではないため、飾りとしての意味しか持たないとの見方もある。近年は有料でリンクを販売しているサイトの評価点が下落傾向にある。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

PageRank テクノロジー

PageRank は、5 億の変数と 20 億以上の用語の等式を解決することでウェブ ページの重要度を客観的に測定します。 PageRank は、リンク数を数えるのではなく、ページ A からページ B へのリンクを、ページ A によるページ B への投票として解釈します。ページの重要度は、ページが受けた投票数によって決まります。

PageRank では、投票したページの重要度も考慮されます。重要度が高いページからリンクされたページも重要度が上がります。重要なページは PageRank が高くなり、検索結果の上位に表示されます。Google のテクノロジーは、ウェブ上に蓄積された情報を使用してページの重要度を決定します。検索結果にまったく人の手が加わらないことが、有料広告などに左右されない客観的な情報源としてユーザーの皆様から信頼されている理由です。

出典: 『Google』

Google/Yahoo/MSN 検索順位チェックツールGRC

1月 30, 2010 by admin · コメントは受け付けていません。
Filed under: 検索順位チェックツールGRC 

Google/Yahoo/MSN 検索順位チェックツールGRC

検索順位チェックツールGRCの概要

検索順位チェックツールGRC


GRCVectorの2006年
ベストオンラインソフト の1つに選ばれています。

GRCは検索順位チェックツールのスタンダードです。
他に無い豊富で優れた機能。何千もの項目があっても損なわれない抜群の操作性高速性
2004年配布開始、信頼実績も掛け値なしのナンバーワン。GRCは無料でお試しいただけます。

個人から上場企業まで、幅広いユーザーが利用。

アクセス解析との連携機能で、SEOの効果測定をより簡単に、快適に。
無料のアクセス解析ツールSWCと連携することで、各検索語の「検索アクセス数」もグラフ化できます。
検索順位の変化と、それに伴う検索アクセス数の変化を一目で把握できる数少ないツールです。
単なる検索順位チェックツールを超えた、SEO効果測定ツールとして利用してください。
アクセス解析ツールSWCは無料です。GRCとSWCの連携機能も無料で利用できます。

GRCは多くのユーザーの「欲しい機能」を取り入れて現在も成長しています。
ユーザーが「欲しい」と思った多くの機能が、現在のGRCに反映されています。
これからもGRCはバージョンアップするでしょう。

GRCは貴方のホームページが
検索エンジンGoogle/Yahoo/MSN(Bing)で何位に表示されるのか調査し履歴を記録する検索順位チェックツールです。
フリーウェアですのでご利用は無料です(無料版は項目数に制限があります)。

多数のSEO対策会社で採用の実績。検索順位チェックツールGRC

チェックツールGRCの基本機能、およびその他の機能

GoogleYahoo、MSN(Bing)に対応しています。
複数のURL、検索キーワードを登録できます。

・ すべての登録済みURL、検索キーワードの検索順位をボタン一発一括調査します。
・ 指定時刻に自動的に順位チェックすることもできます。
300位までの順位チェックが可能です。
・ 各URL、検索キーワードでの検索順位の過去の全ての履歴を記録します。
・ メイン画面では直近の順位変化をカラー矢印で表示、順位変化が一目で分かります。
・ 選択した検索キーワードの順位グラフを瞬時に表示。過去の順位の変化も一目瞭然です。
・ サイトのインデックス数被リンク数ページランクも調査できます。履歴も保存されます。
・ Yahooのキャッシュ日やブックマーク数も調査できます。履歴も保存できます。
・ 無料アクセス解析ツールSWCと連携して、各検索キーワードの検索アクセス数のグラフ表示もできます。

・ SWCとの連携機能では、検索キーワードのランキング表示やキーワードのインポートもできます。
・ メモ機能によりウェブページへの修正内容等を記録、管理できます。グラフ上でメモを確認できます。
・ Google、Yahooで表示される広告の数、さらに広告内の表示順位も調査します。
・ 検索結果上位100サイト全ての日々の順位履歴を記録、グラフ化することもできます。
・ 上位100サイトの”順位変動平均”を表示。検索エンジンのアルゴリズム変更をすばやくキャッチします。
・ 検索連動広告についても上位サイトの順位履歴を記録できます。競合サイトの調査に役に立ちます。
・ グループ機能で、多数の検索キーワードを効率よく管理できます。
・ 順位が変化した検索語のみ表示したり、順位変化の大きさで並べ替えるなど、様々な表示が可能です。

・ 検索順位アラート設定、アラートメール設定で重要な変化を逃さずキャッチできます。
・ 順位履歴レポートの印刷機能もご用意しています。豊富な出力オプション。
・ 他のウェブ上のサービスと異なり、調査URLや調査キーワードを第三者に見られることがありません。
軽快に動作します。数千件の検索キーワードを登録してもデータ閲覧の軽快さは損なわれません。
・ 操作性、見易さなどにも徹底的にこだわりました。
・ その他にも様々な機能をご用意しております。ユーザー様の「欲しい機能」の集大成です。

チェックツールGRC料金比較

検索順位チェックツールGRC

GRCは他社のサービスを圧倒する低価格の料金設定。

種別 URL数 検索語数 利用期限 料金(税込)
パーソナルライセンス 3URLまで 300個まで 永久 4,800円
ビジネスライセンス 無制限 無制限 1年間 9,600円/年

他社製品料金体系

提供元 サービスタイプ URL数 検索語数 料金(税込)
G社 ウェブASP型 5URL 15個 76,800円/年
ウェブASP型 30URL 50個 384,000円/年
R社 ウェブASP型 100個 37,800円/年
ウェブASP型 1000個 630,000円/年
I社 メールレポート型 10個 50,148円/年
メールレポート型 50個 125,748円/年
S社 アプリケーション型 5URL 無制限 20,790円/年
アプリケーション型 無制限 無制限 52,290円/年
A社 ウェブASP型 1個 23,940円/年
ウェブASP型 5個 47,880円/年
T社 メールレポート型 5個 24,000円/年
メールレポート型 20個 60,000円/年
D社 ウェブASP型 100個 201,600円/年
ウェブASP型 1000個 1,335,600円/年
いずれも検索順位チェックサービス単独の料金であり、
SEOコンサルティングなどのサービスを含みません。

GRCは、
便利な機能・優れた操作性・高速性など、機能面で他のサービスを大きくリード。
さらに料金においても、他のサービスとは比較にならないほどの低価格の設定。
GRCが他社のツールに劣っている点は1つも無いです。
格安で最高のパフォーマンスツールを使って効果的なSEOをしたいですね。




多数のSEO対策会社で採用の実績。検索順位チェックツールGRC