商用&SEO最適化済みWordPressテンプレート DigiPress「粋」

4月 17, 2010 by admin · コメントは受け付けていません。
Filed under: WordPressテンプレート DigiPress 

WordPressテンプレート

商用&SEO最適化済みWordPressテンプレート DigiPress「粋」


DigiPressとは、現在世界でもっとも利用者の多い「WordPress」という、サーバサイドで動作するオープンソースのブログシステム専用に作られたホームページテンプレートセットの総称です。

「DigiPress」で生成されるサイトのHTMLソースは、XHTMLに準拠するよう生成されるのはもちろんのこと、サイト運営の要ともいえる検索エンジンのアルゴリズム(またはその変化)に対する最適化(SEO)への配慮が徹底して施されており、企業のポータルサイトや、あらゆるジャンルの商用サイトにも対応できるような拡張性と機能を備えたWordPress用テーマファイルです。

もちろん、アフィリエイトサイトや趣味サイトとしての個人ブログにも必要十分な機能を備えています。


商用&SEO最適化済みWordPressテンプレート DigiPress「粋」デザインノーマルパッケージ。そのテンプレはもういらない。

リンクファーム/SEO

3月 4, 2010 by admin · コメントは受け付けていません。
Filed under: SEO リンクファーム 

リンクファーム/SEO

リンクファーム(英: Link farm)とは、ハイパーリンクによってページを相互にかつ大量にリンクしているウェブサイト群を指す。人が手で構築することもあるが、通常はプログラムによって自動的に生成される。リンクファームは検索エンジンスパムの一種である。意味のあるリンクの仕方をしているサイトは、リンクファームとは呼ばれない。

歴史/リンクファーム

リンクファームは、インクトミの検索エンジンが他から多くリンクされていることをページの順位付けの判断に使用していたことから、1999年ごろに検索サイトで上位に表示される手段として登場した。他の検索エンジンでもリンクの多さは検索順位に影響していたが、インクトミの検索エンジンは当時、インデックスを2種類に分けていた。検索結果は上位約1億ページに限定して表示され、リンクの少ないページはそのインデックスから脱落していったのである(毎月、インデックスが付け直される)。

インクトミの検索エンジンは、HotBot などいくつかの独立系検索サイトで使われていたため、リンクファームによる順位操作の標的となった。Yahoo! もディレクトリ型検索機能の補助としてインクトミの検索エンジンを使っていた。リンクファームは、より安定したサイトからほとんどリンクされていないオンラインビジネスなどのウェブサイトがインクトミインデックスで安定して上位にランク付けされることを目的として使われた。

リンクファームは当初は決定的な作成方法がなかったが、すぐに大量のページを登録してリンクを張るサービスを行う企業が登場した。

その後 Google が人気となってきたが、これはページランクと呼ばれるリンクの重み付けを行っていた。つまり、全てのリンクを平等に扱うのではなく、リンクによって重み付けを変化させる。リンクファーム作成側もこれに対応し、リンクファーム内のページのページランクを上げようとした。

しかし例えば、グループで相互にリンクを大量に張ってリンクファームを形成している場合、あるウェブマスターが協定を破って自身のサイトから他のサイトへのリンクを見えなくするなどの状況も発生した。このためリンクファーム運営者は、参加者が協定違反していないかを監視する必要が生じた。

代替手法として、潜在的な相互リンクパートナーを識別するソフトウェアを使い、相互リンクを申し出る電子メールをそれらサイトに送り、ディレクトリ的なリンクページを作成する手法が登場した。

検索エンジン側もリンクファーム対策として、リンクファームと認識されたページをインデックス付けから除外するなどの手段を講じた。場合によってはあるドメイン全体が検索から除外されたこともある。

評価/リンクファーム

検索エンジンがインデックス付けをするサイト数が増大するに従って、リンクファームの有用性は減っていった。5億ページのインデックス付けがなされるようになると、リンクファームはほとんど不要となった。インクトミの技術は現在では Yahoo! のものとなり、何十億ページものWebページが検索対象となっている。

Google、Yahoo!、bing(MSN)、Ask などで、検索結果の上位に位置づけられる手段としては、リンクファームはいまだに利用価値があると考えるサイトも多い。

今では、リンクファームという言葉は一種の軽蔑的響きを帯びている。相互リンク管理サービスの多くは、リソース管理と直接的ネットワーク関係構築にこそ価値があると主張している。相互リンク管理サービス業者は、検索エンジンの代替として彼らの事業がウェブサイトに訪問者を増やす手段になるとしている。こういった主張はほとんどまともに受け取られていないが、世界的に見てその市場はある程度確立されてきている。

ガイドライン/リンクファーム

Google などの検索エンジンは、ウェブマスターに対してそのサイトに対する「適切な」リンクを推奨し、リンクファームへの参加をしないよう呼びかけている。Google によれば、リンクファームに参加しているサイトのページランクはペナルティ的に下げられる。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

SEO/最適化の手法

3月 4, 2010 by admin · コメントは受け付けていません。
Filed under: SEO 最適化の手法 

SEO/最適化の手法

検索エンジン最適化には、様々な手法が利用される。適切なキーワードをタイトルやページ先頭に持ってくるというのが基本的な手法であるが、業者によっては、検索エンジンスパムと呼ばれる手法が利用されることもある。ただし、検索エンジンスパムを利用したことが発覚すると、検索エンジンのインデックスから削除されるなどのペナルティが課せられる。特定のドメイン・IPアドレスを検索対象から除外するペナルティもあり、ドメイン・IPアドレスの再取得といった多大なコストがかかってしまうことがある。

2008年当初に、Googleではウェブページの順位決定のアルゴリズムにキーワードとリンクの意味づけとは無関係な時間的に新しい記事を優先するというルールを採用したのではないかという観測があり、この観測が正しいならば最適化手法の見直しが必要になるであろうとともに、広く重要性が認められる情報が検索結果上位に表示されなくなるという恐れもある。

目的キーワードの分析/SEO最適化の手法

検索エンジン最適化の出発点は、対象としたいウェブ利用者がどういったキーワードで必要とする情報を探しているかを理解することである。例えば、製品やサービスを比較しながら探す場合、検索ボックスには製品の固有名詞ではなく一般名称が、特定製品の機能名ではなく一般的な機能名が打ち込まれる傾向にある。この語句の集合は目的キーワード群または目的語句と呼ばれる。目的キーワードを設定することで、ページデザインなど他の最適化項目に進むことができる。

キーワードに沿ったページの構成/SEO最適化の手法

ある検索キーワードによる検索結果で上位にくるには、ページは検索キーワードに合致もしくは関連するキーワード群を含んでいなければならない。

あるページが、あるキーワードにどの程度関連しているかは、検索エンジン・スパイダーのアルゴリズムに基づいて決定される。そのアルゴリズムはウェブページの順位を決定する公式を計算する。検索エンジンは、ウェブサイトが閲覧されるときに閲覧者が読もうとするテキストをHTMLの文書構造などに基づいて整理し、そのページは何を記しているページで、あるキーワードに対する関連性がどの程度かを判断する。

リンクの作成/SEO最適化の手法

多くの検索エンジンでは、ページの価値を判断する基準に、そのページがどれだけ他のページからリンクされているかという観点を採用している。したがって、ウェブ上の他の関係あるサイトに自分のコンテンツについて通知し、リンクを求めたり、自己が運営する既存のサイトから適切なリンクをはったりすることが対策として行われる。

また、スパイダーはコンテンツのハイパーリンクを辿って巡回を行うので、検索エンジンに登録してもらいたい場合、そのページへのリンクを作成しておくことが必要になる。「サイトマップ」を作成することはその手法の一つで、推奨されていることでもある。サイトマップは、トップページやサイト上のすべてのページからリンクされているのが好ましい。このようなページがあると、ひとたびスパイダーがサイトを見つけた時に、そのサイト全体が索引化される確率が高まる。

HTMLによる最適/SEO最適化の手法

検索エンジンは、HTMLのtitle、meta、strong、hnの各要素などを重視すると考えられているため、重要なキーワードをこのタグで囲って、重要であることを示すこともされる。例えば、見出しとして強調したい語句を font 要素で赤く大きな文字で表示するようにマークアップすると、それは単に「赤くて大きな文字」というようにしか解釈されないが、h1 要素(とスタイルシートによる装飾)を使えば、検索エンジンにとっても、それが見出しであると解釈され、検索にヒットしやすくなるという具合である。これは、基礎的なセマンティック・ウェブと言うことも出来る。

なお、この手法は、文書の論理構造を無視して過度に行うと検索エンジンスパムとみなされる可能性があり、注意が必要である。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

SEO 歴史

2月 25, 2010 by admin · コメントは受け付けていません。
Filed under: SEO 歴史 

SEO 歴史

SEOは、1990年代半ば、最初期の検索エンジンが初期のウェブを登録した時に始まった。多くのサイト所有者が、検索エンジンの登場によって自分のサイトへのアクセスが増加したため、すぐに検索結果の価値を評価するようになった。

サイト所有者はまもなく、検索エンジン提供側所定の方式にのっとり、自分のサイトのURLを検索エンジンのデータベースへ定期的に送信するようになり、ウェブを探索するソフトウェア(クローラ)の動作・評価方式に親和性の高いサイトを目指すため、自身のサイトを変更し始めた。メタ・タグ (en:meta tag) のような特殊な特徴は、検索エンジンの結果ページ(SERP:Search Engine Result Page)上で高順位のサイトの共通項となった。

そしてこのようなサイト所有者の必要に応えるべく、SEO会社も立ち上げられ、検索エンジンの持つ内部論理アルゴリズムの分析・探求の動きが促進された。

SEOの定義・目的に関しては、「検索ページにおいて高順位を獲得する手法」という狭義の定義から、「サイトコンテンツに対して関心の高いユーザーのアクセスを効果的に集約する営み」とする広義のものまで、種々の言説が存在する。後者の立場を採る場合、サイトのコーディング面だけでなく、検索ページにおいて当該サイトの表示を目立ちやすくするコピーライティングや、当該サイトに向けられるリンク(外部リンク)の設置面などもSEOの一環に含まれることになる。

日本では、2002年後半から検索エンジン最適化業者が台頭し始めた。 2007年以降、競争の激しい分野では、特に中小・個人サイトは検索エンジン最適化なくしての上位表示は非常に難しくなっている。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

SEO検索エンジン最適化とは

2月 24, 2010 by admin · コメントは受け付けていません。
Filed under: SEO検索エンジン最適化とは 

SEO検索エンジン最適化とは

検索エンジン最適化(けんさくエンジンさいてきか、英: Search Engine Optimization, SEO:サーチ・エンジン・オプティマイゼーション)は、ある特定の検索エンジンを対象として検索結果でより上位に現れるようにウェブページを書き換えること。また、その技術。

概要/SEO検索エンジン最適化

企業にとって、検索エンジンの検索結果の上位、特に1ページ目に表示されるかどうかということは、顧客を呼び込めるかどうかに関わる、極めて重要な問題である。このため、各企業が、検索結果の上位に表示されるようにしのぎを削っている。

最適化の対象になる検索エンジンは、シェアが高い(特にアメリカ)ことからGoogleであることが多い。日本では利用者が多いため、Yahoo!サーチ対策も重視されている。

最適化を不適切に行うと、検索エンジンのランキングが不自然に変更され、結果として利用者の利便性を損なうことになるため注意が必要である。

また、検索エンジン最適化のことを「SEO対策」と言われることもあるが、これは誤用である。最適化と対策はほぼ同義語なので、強いて対策という言葉を使うなら「検索エンジン対策」と言うべきだろう。検索エンジンのディレクトリに登録することを「SEO」と言うのは間違い。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

SEO対策ドットコム

2月 22, 2010 by admin · コメントは受け付けていません。
Filed under: SEO対策ドットコム 

SEO対策ドットコム



Q:モバイルサイトのSEO対策も依頼したいのですが?
A:モバイルサイトのSEOサービスもご対応可能です。
ご希望の方はお問い合わせ、もしくはお見積り依頼をお願いします。

Q:どのようなSEO対策をされていますか?
A:当社の対策方法としてホームページをチューニングする『内部対策』とお客様のサイトと関連性がある質の高いサイトからのリンクを増やす『外部対策』を行います。質の高いサイトとの外部リンクが増えると、他のホームページからの評価として検索エンジンが認知しますので、よりSEO上位対策の要因となります。

Q:ランクイン日数はどのようにカウントするの?
A:お客様毎に順位解析(urchin)ソフトのアカウントを発行いたします。順位の推移についてはお客様のパソコンなどで確認できますので、不明瞭な請求などは一切ございません。

Q:本当に上位表示の効果があるの?
A:これまでの実績からも10位以内の達成率は92%ございます。また確実な実績を出せるよう専門スタッフがサイトの診断とキーワードのご提案を致しますのでご安心ください。

Q:リスティング広告を実施していてもSEO対策は必要なの?
A:6割以上のユーザーは広告を見ていますが、クリックするのは自然検索の方が多く、広告よりもクリック率が5倍と高いのです。また、8割のユーザーは自然検索上位サイトに良い印象を受けているという統計が出ています。

Q:Yahoo!のみの対策や、5位以内表示などの依頼もできますか?
A:もちろん可能です。Yahoo!やGoogleどちらかの検索順位結果が悪くお困りの場合はそれぞれの検索エンジンにあった強化対策を行うことで上位表示が可能です。5位以内に表示させたいなどのご要望もご相談ください。

Q:複数ワードで申し込んだら安くならないの?
A:ワード数に応じてご対応させて頂きます。是非お問合せください。

Q:どのくらいでランクインするの?
A:平均1~2ヶ月でランクインしています。

Q:専門業者に任せるメリットは?
A:SEO対策には大きな時間と労力が必要となります。その為、自社で対策を行う場合の人件費や採用コストを考えると弊社にアウトソーシングしていただく方が圧倒的にコスト削減ができます。

Q:色々なSEO業者があるけどビジョンの「SEO対策ドットコム」サービスのメリットは?
A:弊社では、自社サイトでの実績もあります。また、国内ほとんどのWEB広告を取り扱っておりますので、貴社のニーズに合わせた最適なプロモーションのご提案も可能です。

詳しくはこちら↓
SEO対策ドットコム

テンプレート SEO 賢威

1月 4, 2010 by admin · コメントは受け付けていません。
Filed under: 賢威 

『賢威ホームページテンプレート』は恐ろしく優れたSEOテンプレートです。
WordPress(ウィジェット)、MovableTypeにも対応しております。

テンプレートなので一度要領を得れば後はさくさく作業が進みます。

何度もバージョンアップが施されておりGoogle/Yahoo!にいつも強いです。
検索エンジンに上位表示されてるサイトを見れば『賢威テンプレート』の力を目の当たりにします。

アフィリエイトの基本の一つに「いかに効率よく作業するか」があります。
テンプレート作成に時間をかけるより、すでに出来上がっている素晴らしいものを使い
1つでも多くのサイトを作りたいですね。


1、賢威ホームページテンプレートの内容。

  • 現在配布中のテンプレートは、賢威4.0テンプレートです。
  • 時代が求める「XHTML1.0」のフォーマット。
  • 画像編集ソフトでロゴを編集し使えるよう、オリジナルのロゴの使用に適した「ロゴ画像」用テンプレート、テキストエディタで簡単にロゴの文字列を編集できる「ロゴテキスト」用テンプレートの2タイプを用意。
  • 1カラム、1&2カラム、1&2カラム左右逆、2カラム、2カラム左右逆、2カラムアドセンス、2カラムアドセンス左右逆、3カラム、3カラム左右逆、3カラムアドセンス、3カラムアドセンス左右逆の11レイアウト。
  • ロゴ画像や背景色が違う100種類のデザイン。
  • ダミーページをあらかじめ各々に13ページご用意。(1カラムは11ページ)
  • HTML版以外に、WordPress版、MovableType版もご用意。
  • HTML版のみ、Shift_JIS版、UTF-8版をご用意。WordPress版(ウィジェット対応!)、MovableType版はUTF-8版のみご用意。
  • 単純計算で、HTML版だけでも約25,000ページに渡る、膨大なテンプレート。
  • MovableType版には、図解付の導入マニュアルPDFを用意。
    WordPress版にはテキストでの導入マニュアルを用意。

2、賢威ホームページテンプレートはここが違う。

  • 「賢威のCSSマジック」は賢威テンプレートだけ。
  • 下記で紹介している無料ソフトを使えば、簡単に編集できますので、高価なホームページ制作ソフトをご用意いただく必要はまったくありません。
  • MovableType用テンプレートと、WordPress用テンプレートが付属しているため、ノーマルHTMLサイト&CMSの大規模サイトも運営できます。
  • 初心者の方が編集がしやすいよう、ソース内のコメントアウトを分かりやすく記述。
  • W3C準拠の指針として、「Another HTML-lint gateway」のチェックをクリア。
  • アクセシビリティの指針として、「WCA1.0(Webアクセシビリティイニシアティブ)」に配慮。
  • 多くのブラウザにおける「クロスブラウザ表示」を実現。
    ※IE8、IE7、IE6、Firefox、GoogleChorome、Opera9.1、Netscape、Safariでの表示を確認